保育士のうつ病

保育園に2~3人!?意外に多い「保育士のうつ病」(段階編)


前回は、うつ病が意外と身近な病気であることを実際の割合つきでご紹介いたしました。

うつ病と保育士が特に関連あることには、驚きでしたよね。

では、このうつ病を放っておくとどのようになってしまうのでしょうか。今日はうつ病の段階について詳しく見ていこうと思います。

保育士のうつ病
保育士のうつ病

うつ病における4段階

うつ病がひどくなっていくステップには4つあると言われています。

1:前駆期

まず1つ目が、前駆期と呼ばれる段階です。

前駆期とは、うつ病になりかかった段階のことです。

今まで普通にできていたことが、だんだんできなくなってきます。いざやろうと思っても、辛いなぁとか、めんどくさいなあとか、ネガティブに思う感情が先に出てしまいます。

最近ミスが多くなってきた、外に出かけるのがおっくうである、という感情がみられます。

2:極期

2つめが、極期です。

極期とは、うつ病の様々な症状が現れる段階のことです。

例えば、めまいや頭痛などの身体にあらわれる症状を自覚するようになったり、悲しい気分になる、死にたくなるなどの精神的な症状が生まれます。

判断が正常な時には、何か少しおかしいなと思ったら周りの人に対して援助を求めることができるのですが、この状態にある人は、周りに援助を求めるということもできなくなってしまいます。

3:回復期

3番目が回復期です。

回復期とは、うつ病の治療が始まり、少しずつですが回復に向かっている状態の段階です。

しかし、一度に治るわけではなく、良くなって、また悪くなって・・・と言う波を繰り返しながら回復していくため、自殺願望が強い人が多いと言われている時期でもあります。

良くなったと思って薬をのむのをやめたら、悪い状態の波がでてきてまた振り出しに戻った気分になる・・・という方が多くいます。

4:中間期

4番目が中間期です。

中間期とは、完全にうつ状態から治った段階です。長く回復期を経験してきた方には、本当にはればれとした気分になるでしょう。

しかし、治ったから安心というわけではなく、うつがまた再度繰り返さないために、普段の生活を気をつけていかなければなりません。

筆者

関西の保育園で、保育士としてはたらくアラフォー女性です。毎日、家事に育児に仕事に・・・と奮闘中です。

幼稚園、院内保育での勤務経験もあり。保育のコツや転職のコツについてご紹介していきます。

まとめ

うつ病は、正しい治療を受けてしっかりと休めば治る可能性も高い病気です。

個人差はありますが、大体治療始めてから1年以内に治る人が70%と言われています。

もちろん早く開始した分だけ早く治療が完了するということもありますので、少しおかしいなと思ったら早めに病院に相談するようにしましょう。

また、他の病気と違い、再度ぶりかえしてしまうことも多いので、自分の判断で薬を飲むのをやめたり病院に通うのをやめたりということをせずに、かかりつけのお医者さんと一緒に治療をして直していきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です